ラバーディップでC-HRのルーフをブラック化しました。

C-HRのルーフ・左右ピラー・リヤゲートスポイラーをラバーディップで塗装してほしいとのご依頼です。

入庫の前にラバーディップでの塗装と通常のウレタン塗料での塗装のメリットデメリットをそれぞれの特徴から耐久性まで詳しく説明させていただきました。

その上でオーナーさんはラバーディップ(プレミアトップコート仕上げツヤ有り)での塗装を選択されました。


C-HRのリヤゲートスポイラーは裏面が素地で艶消しの黒になっています。オーナーさんはこの素地の黒を残すことを希望されていました。

素地部分を残すためにはマスキングが必要です。そのまま車両に取り付けて塗ることができないため、分解しました。


まずは外したリヤゲートスポイラーから塗装します。

リヤゲートスポイラーの裏面。マスキングしました。・・・大変でした。

まずはラバーディップのブラックで徐々に色を塗り重ねます。
クリヤを塗る前は艶消しのマットな状態です。これでも十分カッコいいですが、オーナーさんのご意向で今回はツヤ有りにします。


次にラバーディップのプレミアトップコートクリア ツヤ有りを塗装します。

C-HR車両本体はこんな感じでマスキングをします。ルーフレールは外さずにマスキングしています。

 

車両本体のルーフを塗装しました。C-HRのピラーを塗装するにはドアを開けてドアの内側を塗装しなくてはなりません。


無事に塗りあがったと思いきや、、、アンテナとボディの間にあるゴムが熱によって収縮し、クリヤ層とベースのラバーディップの間に空気が入ってしまいました。

・・・納車直前でしたが、納車前で良かったです。

結局ルーフのラバーディップをはがし、アンテナを外して再塗装。(焦って写真撮り忘れました!)
これからC-HRのルーフをブラックにラバーディップで塗装ご希望の方はアンテナを外すことをお勧めします。


アンテナを組み付けて、リヤゲートスポイラーも組み付けて完成です!・・・ようやく納車できます(汗)

黒いルーフに雲が映りこんでとてもいい感じです。
一見普通のウレタン塗装に見えますが、ラバーディップなのではがせます!


晴れてC-HRルーフブラック化 納車となりました!オーナーさんから顔出しオッケーを頂いたので、笑顔の写真です。

今回は塗り直しによりお時間を頂きましたが、大変喜んでいただけました。
本当にありがとうございました。

C-HRに限らず他の車両でもルーフブラック化したい方、黒ではなく他色のツートンにしたい方、Y’sラポールではラバーディップと通常のウレタン塗装のどちらも取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。